地域を選ぶ

自宅を持つ50代や60代の人がマイホームを建て替える場合には、土地の高度利用が重要である。
特に都市部の場合には小さな敷地でもマンション建設が可能なので、自宅の建て替えのチャンスが最大限に生かせるであろう。
その場合には自宅と賃貸マンションを併用する建物を建設することで、公的年金を補完できるような賃貸収入が得られるであろう。
またマンションを建設する場合には、収支のシミュレーションを前もって行うことがポイントである。
特にローンを活用する場合には、家賃収入で返済できるような資金計画を立てることが理想的であろう。
そして持っている土地を担保とすることで、有利な条件でマンション建設ローンが利用できるであろう。

賃貸マンション経営を行う場合には、今後のマーケットについて考えることが大切である。
特に賃貸需要を的確に把握することで、高収益の満室経営が実現できるであろう。
また賃貸を活用した不動産経営では、より一層付加価値の高い物件を目指すことが重要である。
そのためには免震構造やセキュリティー対策など、入居者のニーズを的確にリサーチすることがポイントである。
そこで賃貸オーナーが不動産経営を行う場合には、専門業者との連携がより一層重要になるであろう。
特に不動産業者や住宅メーカーのノウハウを生かしながら、30年以上安定した経営ができる物件を目指すべきである。
そのためには賃料保証サービスのような、オーナーが安心できるサービスを活用するべきであろう。