検索をする

不動産には住まいとしてのものと、投資用としての需要があります。
資産運用のために活用するケースは多く、特にマンションは流動性が高いことからも注目されるものです。
その保有の仕方としてはふたつあります。
ひとつは資産価値の上昇を見込んでの短期売却を前提としたもの、もうひとつは安定収入を得るための資産として保有するものです。
資産運用となれば、長期保有が多く見られるタイプとなります。
購入にあたっては、そのローン返済やその他の出費を家賃収入でまかなうものとなり、そして返済が終われば将来に渡って家賃収入がそのまま手元に残ることになります。
多くの現金を有しているのであれば、定期預金などと比べても高い利回りを得られる投資対象となります。

不動産投資には、マンションによる賃貸経営以外にも様々なものがあります。
例えば土地を保有しているのであればアパートを建てたり駐車場にしたりといったものがあります。
さらには、小口の不動産投資商品もあります。
これは、複数の収益物件の運営に関わる権利を購入するものとなり、ひとつのリスクヘッジとも言えるものです。
ビルのテナント料を受け取る形のものが多く、その空室となるリスクを分散させるために複数の建物をひとまとめにして、さらに購入しやすい金額設定で一口いくらという形で購入するものとなります。
メリットとしては、まずはローンを組む必要が無いことと、予算に合わせて必要な数だけ購入することができる点にあります。